実は僕、モテません。
それどころか異性と話した事もありませんし、話しかけた事などもありません。
ということで勿論付き合った事などありません。

いつか女の子の手に触れられる瞬間が訪れる時期が来るのではないのかと楽しみに待っていた時期もありましたが、そんな過去は埋めてやりました。
それとあとバレンタインデーが悲惨です。周りや義理やら本命やらで色々貰えているのに僕は義理も本命もありません。
更に僕の周りにはモテる奴らばかりなので、それをまざまざと見せつけられ、心のライフポイントは限界を超えていました。
おそらく普通のピュアな少年だったらそこで泡吹いていただろうという環境の中、しかし僕は耐えていました。何故なら僕はその環境に三年も耐えていたのですから。
(高校の頃の話です。)
しかし大学に上がって爆発しました。
周りはキレイな人々でイチャイチャしやがっています。

まるで自分がここにいてはならないような雰囲気を醸し出す大学の独自の校風に、もはや僕は尊敬の念を抱かずにはいられません。
もう、コレはダメなムードだ、と、僕は思いました。なので女の子に積極的に話しかけてみようとおもいましたが、体が震えてNGです。
もうダメだ、そう思った時思い出したのはあの出会い系です。
以前高校の頃、この出会い系を使い女の子と仲良くしようとチャレンジしたことがあるのですが、中々勇気が出ずにやめました。
しかし、今僕はそんなこと思っている暇はありません。

女子と仲良くなる為なら何をしてでも、という気持ちが強かったのです。
それで早速その出会い系に登録しました。
気になった女の子に会話していこう。
と、思っていたら何とあちらの方から話しかけてくれました。
ラッキー!と、思いましたらそれも一人ではなく二人、三人、五人と、中々可愛くて積極性女子が話しかけてくれたのです。
今はその中で気になった女の子とメールして度々会っています。
多少の課金は必要かと思いますが、女の子に会うことが出来るこの出会い系、『YYC』は最高でした!